法人カーリースの人気が年々高まっていることをご存知でしょうか?法人カーリースを利用すれば、ビジネスシーンで活躍する社用車の導入が低価格で実現します。さらに、法人カーリースのメリットはこれだけではありません!
今回は、法人カーリースが人気の理由とメリット・デメリット、法人カーリースの選び方についてご紹介します。

法人カーリースが人気の理由

・年々人気が高まる法人カーリース
およそ50年以上前に誕生してから、現代でも発展を続けている法人カーリース。
誕生後から法人カーリースの利用率は増加する一方で、2024年には法人カーリースの保有台数は480万台を超えると言われているほど、年々人気が高くなっています。その理由として、会社にとって購入するよりも得られるメリットが多いからです。

・法人カーリースのメリット
<初期費用が不要>
新たに社用車を購入するとなると、ある程度の資金が必要です。複数台を購入する場合はさらに多くの資金が必要になりますが、法人カーリースなら初期費用が不要。そのため、初期費用分の資金を他のことに有効活用することも可能になります。

<経理処理が簡単>
社用車の購入後の数年間は、購入代金を減価償却しながら必要経費として処理しなければなりません。法人カーリースなら、リース利用時から全額必要経費として処理が可能。節税効果が得られるところも大きなメリットです。

<毎月の支払額が一定>
社用車の購入時には、購入代金に加えて税金や保険などの費用の負担、購入後にはメンテナンスの費用なども必要になります。法人カーリースにはこれらがリース料金に含まれているため、支払額は毎月一定。定額のリース料金だけで社用車の維持が可能になります。

<メンテナンスの手間が不要>
特に複数台の社用車を導入する場合は、多額の資金準備だけでなく、購入後の複雑な車両管理が欠かせません。法人カーリースなら、プランによってはメンテナンスの手間も不要!車に関わる面倒なことはリース会社に任せることが可能です。

<サポートまで受けられる>
リース会社によってサポートの内容は様々ですが、法人カーリースを利用することで豊富なサポートが受けられます。日頃の些細な相談から、もしもの場合にもサポートが受けられるため、より安全安心に車を走らせることが可能です。

・ただし、デメリットも
法人に限らず、基本的にカーリースはリース契約の途中で解約することはできません。それでも解約する場合は、違約金を請求されることがあります。そのため、法人カーリースのメリットを無駄にしないためにも、リース契約前に車の利用年数を明確にしておきましょう。また、リース契約時は途中解約に関する内容を含め、契約内容の確認はじっくり行うことが重要です。

法人カーリースの選び方


・法人カーリースのプランは2種類
【ファイナンスリース】
ファイナンスリースとは、毎月のリース料金に車代金と税金や保険が含まれるリース契約のことを言います。メンテナンスリースに比べてリース料金は抑えられますが、メンテナンスの費用は含まれていないため、車検を含む日頃のメンテナンスは契約者が行うことになります。

【メンテナンスリース】
メンテナンスリースとは、名前の通り毎月のリース料金に車検や点検などのメンテナンスの費用も含まれるリース契約のことを言います。リース料金はファイナンスリースに比べて高くなりますが、車のメンテナンスはすべてリース会社に任せることができます。

・用途や業務に合わせて選ぶこと
法人カーリースを利用するときは、用途や業務に合わせて最適な車を選ぶことが重要なポイントになります。荷物の運搬、営業用や送迎用など、社用車を利用する場面や目的は会社にとって様々です。大人数が収容できる車、荷室スペースが広い車、小回りの利くコンパクトな車、機能や装備の良いグレードの高い車など、まずは用途や業務に適した車の選定、そしてその車を取り扱うリース会社を探しましょう。

・リース会社のサポートまで確認
現代では法人カーリースの普及とともに、多くのリース会社が存在しています。そのなかで重視すべきなのがリース会社のサポート体制です。安心のサービスはもちろん、法人カーリースのメリットを最大に得るためにも、サポートが充実しているリース会社を選びましょう。

SKSなら安心の法人カーリース

・カーリース契約までの流れ

1.ご利用いただく車種をお選びします
お客様のご要望やご希望に合わせて最適な車種をお選びします。

2.お見積りを作成します
次に契約期間からご利用プランまでお客様に決めていただき、お見積りを作成します。この際にオプションなどもご検討ください。

3.ご利用プラン確定後は審査を行います
SKSで行う審査は、お客様のこれまでの経歴などを対象にした個人審査です。早ければ数時間で結果が出ます。

4.審査が通れば本申込みへ
審査が通ったあとはお客様に契約書類をご確認いただきます。署名・捺印をしてリース契約の完了です。

5.最後に納車の流れです
車両登録のあとに納車です。車種によって納車までの期間が異なるため、事前にご相談ください。

・SKSならではの安心のサービス
SKSの法人カーリースなら、トラブルが起きた場合の対応もお任せください。ロードサービスのご案内から代車のご用意、また交通事故が起きた場合にはお客様の代わりに過失割合の交渉や周囲範囲の確認なども行っております。SKSならではのサービスを豊富にご用意しておりますので、法人のお客様にも安心してご利用いただけます。

関連記事