寒い時期になり、積雪や路面凍結に悩まされている方も多いのではないでしょうか。
安全のためにもタイヤをノーマルからスタッドレスに履き替えたいですよね。
カーリースした車両の場合、タイヤを勝手に交換してもいいのでしょうか。
今回はリース車のタイヤはスタッドレスタイヤに交換できるのか、また交換費用はいくらくらい必要なのかをご紹介いたします。
冬に車を安全に走らせるためにも、是非ご一読ください。

スタッドレスタイヤの必要性と交換時期

・今更聞けない…スタッドレスタイヤとは?
スタッドレスタイヤとは、雪道や凍結した路面でも車を安全に走らせることができる、冬に活躍するタイヤの一つです。スタッドレスタイヤは、滑りやすい道でも高いグリップ力を維持するために、ノーマルのタイヤに比べてスリットが深くなっていることが特徴です。また、構造だけでなく素材も異なり、スタッドレスタイヤは硬化を防ぐために柔らかいゴムで作られています。

・スタッドレスタイヤの必要性は意外と認知されていない?
「雪なんて、年に1~2回しか降らないから大丈夫」と思っているなら、それは間違いです。雪道や凍結した路面が原因となり交通事故の件数が増加するこの時期は、降雪や積雪が少ない地域に住んでいても、早めにスタッドレスタイヤに交換しておくことが重要です。

車がスリップしてリース車にキズがついた場合、契約者の負担で修理が必要になります。それだけならリース車に限らず起こりうることですが、修理ができないほどダメージが大きい場合、リース会社から違約金を請求されることは避けられないでしょう。覚えておきたいのが、リース車はあくまでもリース会社の持ち物であるということ。安全を確保するためにも、本格的な寒さを迎える前にスタッドレスタイヤに交換しておきましょう。

・交換時期を逃さないために
メンテナンスリースを契約すれば、月々のリース料金にスタッドレスタイヤの交換費用まで含まれていることが多く、特別な費用や手間をかけずにスタッドレスタイヤの交換が可能です。「車のメンテナンスはすべて任せたい」という方には、嬉しいプランといえます。

リース車にスタッドレスはOK?

・カーリースでもスタッドレスタイヤの交換は可能?
基本的にリース車のカスタムや違法改造は禁止しているリース会社がほとんどですが、安全を確保するためのスタッドレスタイヤの交換は、リース車でも自由に行うことが可能です。交換方法は、“契約者自身で購入する”もしくは“リース会社のプランを利用する”のいずれかになります。

・リース利用時にスタッドレスタイヤをつけたいときはどうすればいい?
リース会社によって提供されているプラン内容が異なるように、スタッドレスタイヤの交換にしてもプランに含まれる場合と含まれない場合があります。とはいえ、リース会社にはスタッドレスタイヤの用意は必ずあるはずです。リース利用時にスタッドレスタイヤをつけたいときは、スタッドレスタイヤの交換も含まれるプランを選ぶことをオススメします。

・オプションプランを確認しよう
スタッドレスタイヤの交換がプラン内容に含まれない場合、オプションとして扱っている可能性があります。他にもさまざまなサポートやサービスが受けられるため、契約時はプラン内容とオプション内容まで確認しておきましょう。

スタッドレスタイヤ交換費用の目安

・サービスの種類
プラン内容はリース会社によって異なるとお伝えしてきましたが、リース契約は一般的に「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」の2種類に分けられます。

<ファイナンスリース>
ファイナンスリースには、月々のリース料金に車両代金、税金、保険などの費用が含まれています。そのため、スタッドレスタイヤの交換費用をはじめ、メンテナンス費用は契約者の負担になりますが、月々の支払い額が抑えられることが特徴です。

<メンテナンスリース>
メンテナンスリースには、月々のリース料金に車両代金、税金、保険などにメンテナンス費用も含まれています。ファイナンスリースより料金は高くなりますが、メンテナンスが必要なときでも月々のリース料金以外に費用がかからないことが特徴です。

・負担額
スタッドレスタイヤの交換費用は、タイヤ代金+作業工賃になります。タイヤ代金はタイヤの種類によって1本数千~数万円と差が大きいのに対して、作業工賃は10,000~15,000円が多いようです。つまり、ファイナンスリースを選んだ場合、スタッドレスタイヤの交換にはこれらの費用がかかります。

SKSでは

SKSのカーリースサービスでは、スタッドレスタイヤはもちろん、カーナビ、ドライブレコーダー、ETCなどを含めてリース料金の試算を行うことが可能です。
お客様のご要望をしっかりと伺い、ぴったりのプランをご提案いたします。
お気軽にSKSにご相談ください。

関連記事