昨今メディアなどで環境問題などが大きく取り上げられており、様々な業界でエコを意識した取り組みが行われています。顧客や投資家は企業の取り組みを見て判断することもあり、配送業でもエコな取り組みを行うことは非常に重要といえるでしょう。
そこで今回は、配送業でのエコな取り組みについてご紹介いたします。今後の経営について役立つ情報があるかもしれませんので、是非ご一読ください。

環境省が推奨する「エコドライブ」

・エコドライブとは
エコドライブとは、燃料の消費を抑えた運転のことをいいます。現在では、“エコドライブ=環境に優しい運転”ではなく、より幅広い意味で使われるようになりました。燃料の消費が少なくなると、地球環境への負担が減ると同時にガソリンの給油量も減り、また交通事故をも減らすことができる「環境」「お財布」「人間」すべてに優しい運転がエコドライブなのです。

・エコドライブで得られるメリット
メリット①
エコドライブを行うと、実際に燃費が約10%向上するそうです。小さな数字でも積み重ねれば大きな数字になるように、エコドライブを習慣化することでガソリン代の節約に繋がります。

メリット②
地球温暖化を進める原因の一つに、二酸化炭素(CO2)の排出が挙げられます。二酸化炭素は主に科学燃料を燃焼させることで発生するため、ドライバー一人ひとりの心がけが環境への負担を減らすのです。

メリット③
エコドライブの基本は、急発進や急加速、急ブレーキなどの“急”の付く運転を避け、きちんと車間距離を取ること。ドライバー全員がエコドライブを行えば、交通事故は約半分に減るといわれています。

メリット④
運転の仕方は、あなた自身の印象を左右します。日頃から丁寧な運転をする方もいれば、反対に乱暴な運転をする方もいるでしょう。心にゆとりを持ってエコドライブを行うことで、周囲の信頼にも影響します。

配送業界のエコな取り組みに関する認証制度

・エコアクション21
エコアクション21とは、中小事業者が取り組みやすいように環境省が定めた環境マネジメントシステムのことをいいます。ガイドラインに基づき、二酸化炭素や産業廃棄物の排出を減らすために、エコな取り組みを行う中小事業者に対しての認証制度です。エコアクション21では、環境を保護・改善するための必要な取り組みが定められているため、中小事業者でも取り組みやすくなっています。

・グリーン経営認証
グリーン経営認証とは、交通エコロジー・モビリティ財団が定めたエコな取り組みを行う運送・配送事業者に対しての認証制度のことをいいます。運送・配送業界が環境へ与える負担をなるべく減らし、そして自主的に継続的に環境を保護することを目指し、マニュアルに基づいた取り組みを行います。他の運送・配送業者と差を付ける意味でも認証取得は有効といえるのではないでしょうか。

・ISO14001
ISO14001とは、ISOが定めた環境マネジメントシステムのことをいいます。先ほどご紹介したエコアクション21は日本独自のものですが、ISO14001は国際的な認証制度です。企業や組織が事業を運営するにあたり環境へ与える負担を最小限に減らし、環境を保護することを目指す規格になります。認証取得は簡単ではないものの、さまざまなメリットが得られるため、環境問題を考えるなら取り組んでみるのも良いでしょう。

SKSのカーリースならエコにも◎

・軽貨物運送はエコ

軽貨物運送業でも使用される軽自動車は、年々人気が高くなっています。軽自動車のエコなポイントとしてまず挙げられるのが、普通車に比べて“排気量が少ない”そして“燃費の良さ”です。運送・配送業では、環境への負担だけでなく、車の維持費も気になるところですよね。経費が抑えられるのは、大きな魅力といえます。

 

・SKSのカーリースで利用できるNV100 

基本的にSKSのカーリースサービスでご利用いただく車種は、日産NV100になります。NV100は低排出ガス車認定を取得しており、エコドライブの支援機能も搭載されています。また、燃費の向上も実現させ、二酸化炭素の排出を減らすサポートも。

SKSでは

SKSのカーリースサービスでは、SKSならではのさまざまなリースプランをご用意しておりますので、なにかお困りの場合はぜひ一度お問い合わせくださいね。お客様にとって安心できるサービスのご提供を約束いたします。

関連記事