これから軽貨物運送を始めたい方も、既に始めている方も、気にしていただきたいのが仕事着です。軽貨物運送は比較的服装などの見た目に規制が少ないという印象がある方も多いのではないでしょうか。特に個人事業主や委託ドライバーの場合、制服などがないということもあると思います。しかし、軽貨物運送も接客業です。あまりに自由な服装では顧客の印象も悪くなってしまいかねません。

そこで今回は、軽貨物運送に相応しい服装についてご紹介いたします。

軽配送ドライバーに相応しい服装とは

・色

会社から制服の指定がない場合は、自分で選ぶ必要がありますね。その際には、「色」も考慮しなくてはなりません。基本的には、モノトーン系や紺などのビジネスカラーが好ましいとされています。また、基本的な業務には荷物の積み下ろしなども含まれるので、汚れがわかるような色は選ばないようにして下さい。また、ユニフォームの上にジャケットなどを着る場合も、派手なものではなく、あくまでもビジネスの場であるのでビジネスカラーにしておくと間違いありません!

 

・サイズ

体を動かす業務を伴うので、自分に合っているサイズのものを着ることが大切です。「歩く」、「かがむ」といった動きをしてもきつくないように、ある程度余裕のあるサイズにしましょう。しかし、余裕を持たせすぎてズボンやシャツの裾が長すぎるものは、見た目がだらしなくなったり、体を疲れさせたりするので厳禁です。きちんと自分に合ったサイズを選ぶようにしましょう。

 

・ユニフォームの支給がある場合

ユニフォームの支給がある場合は、会社の指定するものを着用し、正しい着方を心掛けましょう。規定があれば、服装に悩む手間は必要ありません。

会社によって支給されたものは名刺代わりとなるので、相手となるお客様に悪い印象を与える着方や、会社の評価が下げるような着方はしないよう注意しましょう。この場合も、ジャケットを着る際には派手な色ではなく、ビジネスカラーを選ぶのがベストです。

 

・女性の場合

女性の場合でも、ほとんど男性と同じです。女性のユニフォームは、ピンクやオレンジなどの明るい色も用意されていますが、自分で用意する場合は周囲の配送ドライバーに合わせた色を選びましょう。また、女性の場合も同様に自分の体にあったユニフォームを選ぶことが重要です。

軽貨物運送にユニフォームは必要?

・ユニフォームがある場合

【メリット】

ユニフォームがある場合、「何を着ようか悩む必要がない」「配送業者だと一目で分かる」という点は大きなメリットです。たとえば、夜間の配送中、ユニフォームがあることで配送業者だとすぐに分かり、お客様に安心感を与えられます。このように防犯面でもユニフォームは役に立ちます。

 

【デメリット】

会社から支給される場合、ユニフォーム代がかかります。業務を行う上で必要なものなので省くことができません。返却時はユニフォームの状態や返却方法などを前もって確認しておくことが重要です。

 

・ユニフォームがない場合

【メリット】

メリットの一つ目として、着替える手間がないのですぐに働くことができます。

二つ目はユニフォーム代がかからないことです。ユニフォームの購入費用を安く済ませることができ、早い段階で収益を得ることができます。

三つ目は、自分が動きやすいと思う服装で仕事ができることです。ただし、いくら自由といっても、ラフになり過ぎず、お客様に良い印象を与えることができるような服装にしましょう。

 

【デメリット】

ユニフォームがない場合、配送ドライバーであるということが分かりにくいことが挙げられます。セキュリティーの厳しいマンションでは、私服の配送ドライバーは不審者と間違われ、入れてもらえないということもあったようです。また、私服を着て仕事をするので手持ちの洋服が汚れてしまうという可能性もあります。

他に気を付けたいことは?

・髪型

髪型には特に規定がなく自由な運送会社が多いですが、一部大手運送会社では厳密な規則があるそうです。相手に良い印象を与えるような清潔感のある髪型にしましょう。

 

・アクセサリー

アクセサリーに関して特に規定がないという運送会社は多いですが、あまり付け過ぎるのも良くありません。荷物にアクセサリーが引っかかったり、傷つけてしまう原因となるので、アクセサリーのサイズや形に注意を払う必要があります。

 

・におい

喫煙習慣のあるドライバーは特に注意すべきポイントです。タバコのにおいは衣服だけでなく、髪にもついてしまいます。相手を不快にさせないためにも、車内に消臭スプレーを置いておくようにしましょう。荷物が入った段ボールなども臭いを吸収しやすいので、タバコは喫煙所など指定された場所で吸うようにしましょう。

 

・靴

「靴」も第一印象を左右する一つです。汚い靴で荷物を届けられると、お客様は良くない印象を受けてしまいます。毎日走り回るため、すぐに傷んでしまいがちですが、身だしなみ一部として清潔に保ちましょう。

 

身だしなみ一つで、相手に与える印象は大きく変わってきます。気持ちの良い取り引きをするためにも、軽貨物運送を行う際はきちんとした身だしなみを心掛けましょう。

 

SKSでは

SKSでは月額一万円からのカーリースを受け付けております。どなたでも利用しやすいプランを豊富にご用意しています。軽貨物運送を開業する際は、ぜひSKSまでご相談ください!

関連記事