一般的にカーリース契約をするには、審査に通ることが必須です。審査の内容や基準はカーリース会社によってさまざまですが、「そもそも審査はいつ行われるの?」「審査不要の会社はあるの?」など、疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

今回はカーリースの審査について、また審査に通りやすくするために確認しておくべきポイントも一緒にご紹介します。

カーリースの審査はいつ行われるの?

・SKSのカーリース契約までの流れ
【1.車種を選ぶ】
まずはお客様のご希望やご要望をSKSが親身になってお伺いします。お客様のご利用状況の予定に合わせて車種をお選びします。

【2.契約期間・プランを決める】
次に契約期間・プランを決めていただきます。その他オプションのご検討もいただき、最終的にお見積りを作成いたします。

【3.審査】
契約期間・プランが決まりましたらここで「審査」を行います。ほとんどの場合、数時間~1日ほどで審査結果が出ます。

【4.契約】
審査が通りましたら契約書類の確認をしていただきます。契約書類に署名と捺印のうえ、本申込みです。

【5.納車】
車両の登録が終わりましたら納車です。基本的に納車まで1ヶ月ほどかかりますが、事前にご確認ください。

・審査不要のカーリース会社は存在するの?
カーリース会社が最も避けたい事態と言えば、“車両をリースしたのにもかかわらず、契約者がリース料金の支払いを行わない”ということです。そのような事態を防ぐためにも、リース契約が完了する前に審査を行うカーリース会社がほとんど。つまり、審査不要のカーリース会社は基本的に“存在しない”と言えます。カーリースの利用をお考えの方のなかには「審査に通るか不安…」という方もいらっしゃるかもしれませんが、審査不要のカーリース会社を探すのではなく、審査に通りやすくなるポイントを押さえておくことをおすすめします。

知っておきたいカーリースの審査内容

・年収
現在の年収は支払い能力を判断する材料の一つですが、“○○○万円以上でなければならない”という決まりがあるカーリース会社は少ないようです。200万円以上が基準になるとも言われていますが、年収以外に収支のバランスや他の項目の状況によって審査されます。

・職業
職業や経歴から収入の安定性を確認します。基本的に安定した収入が得られやすい会社員や公務員は審査に通りやすく、個人事業主やフリーターの場合、審査に通りにくくなることも。また、連帯保証人が必要になるケースもあります。

・信用情報
たとえ数年前であったとしても任意整理や自己破産などを行っていると、それが記録に残っている期間はどうしても審査に通りにくくなります。また、何かしらの料金の未納がある、もしくは何度も延滞していたなどの場合も審査に不利になります。

・その他
「年収」「職業」「信用情報」の他に、住居情報もカーリースの審査内容に含まれます。自宅が持ち家の場合は審査に通りやすくなることも。そしてこれらの項目での虚偽申告の有無も審査の対象になるため、嘘はつかないようにしましょう。

審査に通りやすくなるポイントを教えて!

・毎月の収入と支出のバランスを確認すること
カーリースを利用するとなると、月々のリース料金以外にガソリン代や駐車場代などもかかるため、そのうえで毎月の収入と支出のバランスを確認しておきましょう。先ほどもお伝えしたように、カーリースの審査では年収だけでなく収支のバランスも重要になります。

・支払いの延滞がないか確認すること
スマホの利用料金やクレジットカード、また税金などの支払いが遅れていると審査に通りにくくなるため、これらの支払いに延滞がないか確認しておきましょう。延滞している料金があれば、審査の前に精算しておくと安心です。

・信用情報を確認すること
これまでに任意整理や自己破産を行っていたり、支払いの延滞を繰り返している方は自分の信用情報を確認しておきましょう。過去の記録が残っている場合は、一度カーリース会社に相談してみるのもいいかもしれません。

カーリースを利用するなら、安心して契約できるカーリース会社を選びましょう。審査に通るかどうかだけでカーリース会社を選ぶと、契約後に後悔することにもなりかねません。SKSでは、リース契約が完了するまでお客様を丁寧にサポートいたします。お悩みやお困りのことがあれば、SKSまでお気軽にお問い合わせくださいね。

関連記事